JASRAC、映画音楽の上映使用料値上げ求める 一作品「18万円」→「興行収入の1~2%」に

JASRAC、映画音楽の上映使用料値上げ求める 一作品「18万円」→「興行収入の1~2%」に

1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/11/08(水) 19:06:22.01 ID:CAP_USER9
1日本音楽著作権協会(JASRAC)は11月8日、外国映画で使われている音楽の上映時の著作権使用料について、現在の「1作品当たり18万円」の定額から、「興行収入に応じた額」に変更するよう、業界団体に求めていると明らかにした。最終的には「興業収入の1~2%」の徴収を目指すという。

数百億円の興行収入を稼ぐヒット作品でも、上映使用料が18万円と低額に固定されており、「適正な対価が還元されていない」と判断。JASRACの大橋健三常務理事は、「欧州各国に比べると、映画音楽の上映使用料徴収額が極端に少ない。内外格差を縮めたい」と話す。

現在、海外映画の音楽の上映使用料は、1作品当たり18万円を、配給業者がJASRACに支払っている。この額は、映画館運営事業者の業界団体・全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)との規定で決まっているという。一方、日本映画は、1曲当たり「映画の録音使用料の5%×同時上映最大スクリーン数」という計算。これも配給業者がJASRACに支払っている。

2014年、JASRACが徴収した上映使用料の額は約1億6657万円と、映画の総興行収入(約2000億円/邦画・洋画合計)の約0.08%。英国の1%やフランスの2%などと比べると極めて低く、「適正な対価が還元されていない」と判断した。

「10年以上前から、欧州や米国の著作権管理団体から、徴収額を上げるよう強く言われている」(JASRACの大橋常務理事)など、海外の権利者からも、値上げを求める声が寄せられているという。

JASRACは6年前から、値上げについて全興連と協議してきたという。全興連側は「これまでの状況との乖離が激しい」と反発しており、妥協案を協議中。JASRACとしても「実情を見ながら段階的に着地点を目指したい」としており、急激な値上げは避け、段階的な対応を検討している。
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1711/08/news082.html

続きを読む

記事引用元
JASRAC、映画音楽の上映使用料値上げ求める 一作品「18万円」→「興行収入の1~2%」に



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
陸上自衛隊の新エンブレムに対して「血塗られた軍刀」だとして撤回を求める署名2万人
年金機構のウイルス感染、公表前に2chに書き込みか 「感染しました」「月曜日には公表するのかな?」 – ニコニコニュース
noimage
トイレで縁結び? 群馬にもあった縁切り寺「満徳寺」
noimage
任天堂、次世代ゲーム機にカートリッジ採用へ 読み込み早く、大量生産も迅速
noimage

「肉じゃが」のルーツはどこ?全国”発祥の地”めぐり
巨人、福田聡志が野球の賭博行為に関与 自軍の試合も対象に
noimage
新宿の新商業施設ニュウマンで、女子力がUPできる5店
「エコキャップ推進協会」、9000万円の収入のうち3900万円は人件費、3200万円は管理費へ
noimage
「小6妊娠」2chにウソで書類送検 – NEWSポストセブン

Menu

HOME

TOP