12歳から毎日6年間、山手線で痴漢に遭い続けた日本人女性がフランスで本を出版し大反響

12歳から毎日6年間、山手線で痴漢に遭い続けた日本人女性がフランスで本を出版し大反響

1 名前:名無しさん@涙目です。(茨城県) [US]:2018/01/19(金) 18:36:49.93 ID:p+duvnS00
1「山手線で6年間、痴漢に遭い続けた私の#MeToo」|日本人女性がフランスで“チカン”本を出版し、現地で大反響を呼んでいる

パリ在住の日本人女性が2017年秋にフランスで上梓した小説『TCHIKAN(痴漢)』が現地で話題になっている。著者の佐々木くみが中学と高校時代を過ごした日本で被害に遭った、実際の「痴漢体験」に基づく物語だ。

ある意味、日本特有の性犯罪ともいえる痴漢行為に、フランスのメディアや読者は大きな関心を示し、反響を呼んでいる。フランス人は同書をどのように受け止めたのか、佐々木はなぜいま被害を訴えようと思ったのか、そして欧米に比べて日本では「#MeToo」の声を上げにくい理由とは──。

「彼の指の動きは止まらなかった」

想像してみてほしい。

小学校を卒業したての、まだあどけなさの残る少女が、電車の中でいきなり性器を触られたときの衝撃と恐怖を。中学生になったばかりで、これからやっと思春期に入る時期。性のことなどまだ何もわからないときに、男性の手が下着の中に忍び込んできた。しかも、そうした痴漢行為が高校を終えるまでの6年間、ほぼ毎日のように続いた──。

そんな少女時代の恐ろしかった日々をもとに、フランス在住の日本人女性、佐々木くみが書いた小説『TCHIKAN(痴漢)』が2017年10月にフランスで出版され、反響を呼んでいる。
https://courrier.jp/news/archives/109596/

続きを読む

記事引用元
12歳から毎日6年間、山手線で痴漢に遭い続けた日本人女性がフランスで本を出版し大反響




3月9日のドレミを教えてください! なるべく、詳しく!!

[エンターテインメント・スポーツ>音楽・ダンス・舞台芸能>その他(音楽・ダンス・舞台芸能)]

3月9日のドレミを教えてください! なるべく、詳しく!!



1リットルの涙 挿入歌「3月9日」のアレンジ

[エンターテインメント・スポーツ>テレビ・ラジオ>ドラマ]

ドラマ「1リットルの涙」の中で流れている「3月9日」を購入したいと思っているのですが、検索してみるとアレンジが幾つかあるようです。 「3月9日」のタイトルのシングルのほかにアルバ…


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
京都の洒落た蕎麦屋「よしむら 北山楼」で大人デート
実は見頃はこれから!まだ間に合う都心と東京近郊の紅葉スポット
noimage
noimage
【東京】 児童が男に「さようなら」と声をかけられる事案が発生
noimage

キターー!!2062年から来た未来人 約束の日2016年4月15日に2chに降臨? – おたくま経済新聞
noimage

都内にいるとは思えない!?東京23区の実力派温泉3
保存版! 大人デートにおすすめな東京のスポット
ブサ男と結婚してイケメンの子を孕む『托卵女子』が急増中
「しんどくてもう無理です」 熱中症で22歳男性死亡 国道で交通整理中
noimage

Menu

HOME

TOP