最も生命体がいそうな「スーパーアース」わずか40光年先に発見される

最も生命体がいそうな「スーパーアース」わずか40光年先に発見される

1 名前: 目潰し(東京都)@\(^o^)/ [US]:2017/04/20(木) 21:45:08.98 ID:jyCC2lxh0
地球の40光年先にスーパーアース発見、生命体の証拠確認に有望視
1AFP=時事】天文学者チームが19日、地球から40光年先で、近くにある恒星を公転している太陽系外惑星スーパーアース(Super Earth、巨大地球型惑星)を発見したと発表した。

太陽系外の生命体を探索するための観測ターゲットとして最も期待される惑星だという。

地球から40光年離れた恒星を公転しているこの系外惑星「LHS 1140b」は、生命存在に望ましいとされる「ゴルディロックス・ゾーン(Goldilocks Zone)」(生命居住可能領域)内を周回している。

ゴルディロックス・ゾーンでは、惑星は主星から適度な温度の位置に離れている。そのため、この温暖な領域内の惑星に生命の要素である水が存在すれば、それは硬い氷や水蒸気としてではなく、液体として存在できるため、生命存在の可能性が有望視される。

LHS 1140bの特異性は、その位置だ。系外惑星の検出方法の一つに、恒星面通過(トランジット)と呼ばれる、惑星が主星の前を横切る際の主星のわずかな減光を観測する方法がある。LHS 1140bの場合、主星の光が明るく、軌道周期はわずか25日で、惑星が地球からほぼ真横から見える位置にある。

その結果、LHS 1140bのトランジットでは、重要な光の特徴的性質のすべてを詳細に、繰り返し観測することができ、これは、惑星のサイズや質量、大気の有無などを解明する研究活動において大きなプラスとなる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000011-jij_afp-sctch

続きを読む

記事引用元
最も生命体がいそうな「スーパーアース」わずか40光年先に発見される




Jリーグへの入団方法

[エンターテインメント・スポーツ>スポーツ>サッカー・フットサル]

知人がJリーグへの入団を希望しています。 彼はイタリア人でイタリアのクラブチームに現在所属し、 セミプロとして活躍をしています。 しかし、そのチームは有名ではないため Jリーグ…



Jリーグより日本代表戦の人気が圧倒的に高い理由

[エンターテインメント・スポーツ>スポーツ>サッカー・フットサル]

以前から個人的に疑問を持っていました。 なぜ、W杯予選や五輪予選、なでしこの試合は多くの人が見るのに、地元のJリーグクラブを応援する人は少ないのでしょうか? 日本人の特性でしょ…


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

Pioneer DJから2ch DJミキサー「DJM-450」&DJアプリケーション「WeDJ」が登場 – clubberia
鉄道技術展にみる近未来的車両と最新技術とは?
日本発の「ペロブスカイト太陽電池」が世界で大注目!塗料を塗るだけで発電!
noimage
年金機構のウイルス感染問題、2ch書き込み者を告発へ – ITmedia
noimage
【川崎国】 友人たちがラップで追悼「俺らがカミソン(上村君)を忘れないでこういうこと二度と起こさせちゃダメって俺らは発信したい」
風水師厳選!北海道最北のパワースポット10選
noimage
清原氏、飲食店で客に笑われ激怒するも灰皿を割って我慢 傷ついた手を“勲章”としてブログにアップ
noimage

部下の男性を長時間蹴り続け死なせた女社長、執行猶予判決…「犯行直後に救命措置」で情状酌量
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP