室井佑月氏がミサイル迎撃に異議 「迎撃したら破片が飛んできて危ない」

室井佑月氏がミサイル迎撃に異議 「迎撃したら破片が飛んできて危ない」

1 名前:Pescatora ★@\(^o^)/ :2017/08/11(金) 09:58:47.05 ID:CAP_USER9.net
234376ae7cd38cfde2e444262c1d320f-m10日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、作家の室井佑月氏が、北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」を、自衛隊の地対空誘導弾パトリオット「PAC3」で迎撃した際のリスクを指摘した。

番組では、ミサイルの脅威で米国を威嚇する北朝鮮について特集し、識者が見解を語った。8日、米国・トランプ大統領の「これ以上アメリカを挑発するなら、見たことのない炎と怒りを見るだろう」という北朝鮮への発言を受けて、9日、北朝鮮はグアム島周辺に向けて4発の「ICBM」を発射することを検討していると表明した。

その後、トランプ大統領はTwitter上で北朝鮮に反発するも、10日、北朝鮮は「ミサイル4発が同時に発射され、日本の島根、広島、高知の上空を通過しながら、グアム周辺30~40kmに着弾する」と、具体的な計画を明らかにした。

番組では「最新情報」として、同日午前の衆院安全保障委員会における「PAC3の空白地域があることは問題ではありませんか?」という小野寺五典防衛相への質問を取り上げた。

スタジオでは、元防衛省自衛隊情報分析官・西村金一氏が、PAC3は移動型のため、北朝鮮のミサイルが飛行するであろう地域に持っていき、仮にミサイルが日本に飛んでくることになれば、迎撃することができるだろうと解説した。

すると室井氏が「でも迎撃ってしたらいいものじゃなくて」「下に地面がある場合って、破片がどこに飛んでくるかも分からないですよね」「日本の国土の近くでやったら破片が飛んできて、迎撃も危ないってことですよね」と疑問を呈したのだ。

西村氏は「命中したら(ミサイルの)破片は必ず落ちてきます」「対馬海峡のところにイージス艦を置いて、SM3(艦船発射型弾道弾迎撃ミサイル)で打ち落とすというのが一番いい」「そこでも日本に破片が落ちてくる可能性はあります」と解説していた。
http://news.livedoor.com/article/detail/13458954/

続きを読む

記事引用元
室井佑月氏がミサイル迎撃に異議 「迎撃したら破片が飛んできて危ない」




玉木宏さんがかっこよすぎて勉強に集中できません。

[暮らし・生活・行事>その他(暮らし・生活・行事)]

タイトルの通り、玉木宏さんがかっこよすぎて勉強に集中できません。 最近、ふとしたことから玉木さんのファンになってしまいました。 テストが目前に迫っているのですが、勉強してい…



山下智久と玉木宏

[アンケート]

山下智久さんと玉木宏さんならどちらがイケメンだと思いますかぁ??


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
DJ RENが登場! Serato DJ専用2CHミキサー「DJM-S9」のワークショップイベント開催 – clubberia
noimage
横浜の初日の出はココで見る! 混雑状況レポート
清水富美加、17日に告白本「全部、言っちゃうね。」電撃発売発表
noimage

関空展望ホール「Sky View」は航空テーマパーク
noimage
noimage
noimage

noimage
【東京】 児童が男に「さようなら」と声をかけられる事案が発生
実は盆栽の町!埼玉・大宮で日本流アートを楽しむ
天園ハイキングコース(鎌倉アルプス)を歩こう!
専ブラでも広告表示、datを廃止 新仕様の2ちゃんねる対応の専用ブラウザ発表 – ねとらぼ

Menu

HOME

TOP