【流行語大賞】 評論家・石平太郎氏 『日本死ね』の流行語大賞ノミネートに「普通の日本人の間では流行るはずもない」「よほどの変態」

【流行語大賞】 評論家・石平太郎氏 『日本死ね』の流行語大賞ノミネートに「普通の日本人の間では流行るはずもない」「よほどの変態」

1 名前:ストラト ★@\(^o^)/:2016/11/18(金) 16:52:16.09 ID:CAP_USER9.net
18日、評論家の石平太郎氏が自身のTwitter上で、「保育園落ちた日本死ね」を「流行語大賞」候補に選出した人々を「変態」呼ばわりした。

17日、毎年恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補である30語が公表された。東京大学名誉教授の姜尚中(カン・サンジュン)氏、漫画家のやくみつる氏ら5名の選考委員が選出した語句の中には、「ゲス不倫」「SMAP解散」など世間を賑わせたもののほか、「日本死ね」も含まれていた。

この「日本死ね」の言葉は、匿名ブロガーが保育園の抽せんに落ちた怒りを綴ったエントリー記事に由来するもので、マスメディアでとりあげられるなど当時大きな反響を呼んでいる。

石平氏はこの話題を取り上げ、まず「普通の日本人の間では、『日本死ぬ』のような言葉が流行った気配はないし、流行るはずもないのであろう」と断言。そんな語句が「流行語大賞」候補に選出された理由について、その言葉をわざとはやらせたい人がいるからだと推測した。

その上で石平氏は、選考委員を含むそうした人間を「よほどの変態であろう」と口撃している。
http://news.livedoor.com/article/detail/12300301/

続きを読む

記事引用元
【流行語大賞】 評論家・石平太郎氏 『日本死ね』の流行語大賞ノミネートに「普通の日本人の間では流行るはずもない」「よほどの変態」



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
日本で一番美しいダム!大分の白水堰堤
ペヤング、売れすぎ! 予想以上の注文で製造追いつかず、関東以外の販売再開延期
保存版!北海道でおすすめスキー&スノボ・ゲレンデ12選
懐かしい! 2ちゃんねる初期のスラングを振り返る – エキサイトニュース
「2ch.net」は誰のものか WIPO、ひろゆき氏の申し立てを却下 – ねとらぼ
DJ RENが登場! Serato DJ専用2CHミキサー「DJM-S9」のワークショップイベント開催 – clubberia
noimage
サカナクションの「Aoi」を8K3D&22.2chのVRシアターで デジタルコンテンツエキスポで事前予約受付を開始…無料で体験可能 – Social VR Info (プレスリリース)

Menu

HOME

TOP