【テレ東】「池の水ぜんぶ抜く」ロケで在来魚が「大量死」 「専門家がいない」現場を参加者告発

【テレ東】「池の水ぜんぶ抜く」ロケで在来魚が「大量死」 「専門家がいない」現場を参加者告発

1 名前:渋柿の木 ★:2018/03/14(水) 20:30:56.91 ID:CAP_USER9
1テレビ東京の人気番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の撮影が行われたイベントで、主催者および番組側の不手際により、池の魚が「大量死」する事態が起きていたとの報告が、複数の参加者から出ている。

問題のイベントは、2018年2月18日に岐阜県笠松町で行われたもの。参加者の話によれば、現場では捕獲した魚を一時的に保管しておく容器が不足しており、酸欠などで死ぬ魚が続出する状況だったという。

「池の水ぜんぶ抜く~」は、番組が住民などの要請を受けて各地にある池の水をポンプで抜き、水質の改善や外来種駆除などを図る番組。不定期放送の特番としてスタートしたが、18年4月からは月1回のレギュラー放送が決まっている。3月11日放送の「第7弾」では、約25種類のトンボが生息する岐阜県最大のビオトープ「笠松トンボ天国」を訪問。お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹さんが、ヤゴ(トンボの幼虫)を食べる外来種を駆除するため、1000人を超える一般参加者とともに池の水を抜く様子を取り上げた。

放送では、今回の作業でライギョやブルーギル、アメリカザリガニなどの外来種を大量に駆除したと紹介。あわせて、ヤゴや多数の在来魚などを「保護した」とも伝えていた。また、番組に協力している環境保全団体の担当者は、作業の終了後に、「かなり外来種が獲れたので、これから環境が上向きになって来るんじゃないか」といった前向きな言葉も口にしていた。

だが、こうした放送の内容に違和感を示す声が、複数のイベント参加者から上がっている。実際の現場では、参加者への指示が行き渡っていなかったり、捕獲した魚を保管する準備が十分に出来ていなかったりなど、作業に大きな混乱が生じていたというのだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00000006-jct-soci

続きを読む

記事引用元
【テレ東】「池の水ぜんぶ抜く」ロケで在来魚が「大量死」 「専門家がいない」現場を参加者告発




アップルケア+の譲渡[キャリアでの契約]

[パソコン・スマホ・電化製品>スマートフォン・携帯電話・VR>iPhone(アイフォーン)]

調べてみると、iPhoneを売却した場合、 アップルケア+の譲渡も可能との事だったのですが、 キャリアでiPhoneを購入し、 アップルケア+を契約したケースだと、 アップルケア+の料金が分割…



アップルウォッチが接続出来ない

[コンピューター・テクノロジー>OS>iOS]

アップルウォッチでパスコードの不一致、アイフォーンでパスコードの入力を再度オンにするをタップしてやり直して下さい。と出ています。 ところがアイフォーンではアップルウォッチ…


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

これぞ京都の風情! 町家レストラン、バー、ステイ
【画像】 先日の肉フェス これで1400円
noimage

聖地巡礼!『この世界の片隅に』の舞台・広島をめぐる
noimage
noimage
noimage
GWの旅行先にふさわしい!? “ゴールデン”な観光スポット10選
noimage
noimage
【動画】 FF7、PS4でリメイク
noimage
海・山・水族館! 夏休みに出かけたい東京発の旅行先
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP