「病院は100%治せるわけではない」にくわばたりえが猛批判 「それを病院が言ったらアカンちゃうの?」

「病院は100%治せるわけではない」にくわばたりえが猛批判 「それを病院が言ったらアカンちゃうの?」

1 名前: アルゼンチンバックブリーカー(神奈川県)@\(^o^)/:2017/05/09(火) 20:57:31.33 ID:zxX5zVsd0
18日放送の「好きか嫌いか言う時間」(TBS系)で、お笑いコンビ・クワバタオハラのくわばたりえが、医師の「病院は100%治せるわけではない」という発言を、猛烈に批判した。

番組では、客からのクレームに翻弄される病院関係者がスタジオで激論を交わした。その中で「(病気が)治らないなら治療費を返せ」といった、患者からのクレームが紹介される。

これに、スタジオゲストで医師の大竹真一郎氏は、医師と患者の契約は「必ず(病気を)良くするものではない」とし「最善を尽くして診療に当たる」というのが契約だと、お互いの立場を明確にした。

この発言を受け、くわばたは、病院は100%病気を治せるわけではないといった大竹氏の言葉に噛み付いたのだ。くわばたは「それを病院が言ったらアカンちゃうの?って思うんですけどね」と非難を込めて怒りを露わにした。

しかし、大竹氏は「違います。人間の体の病気っていうのは、絶対に誰でも治せるものではない」「そんな傲慢な(ことを言う)医者の方がダメです」と反論してみせる。

坂上忍やほかの出演者が大竹氏の主張に与すると、くわばたは負けじと「ないかもしれへんけど!」と語気を強めて「『一生懸命頑張ります』みたいな(ことを医者が言ってもいい)」と、患者は専門家の診断をしっかりと仰ぎたいのだと訴えていた。

なお、大竹氏は「100%尽くします」は約束できるが「100%治します」と、結果を問われるのは無理だと補足説明している。
http://news.livedoor.com/article/detail/13036882/

続きを読む

記事引用元
「病院は100%治せるわけではない」にくわばたりえが猛批判 「それを病院が言ったらアカンちゃうの?」




右手小指がおかしい

[健康・美容・ファッション>病気・怪我・症状>神経の病気]

ここ1、2週間右手の小指がおかしいです。 スマホを使い始めると違和感を感じます。 右手小指の付け根がカクカクして、時々ですがやんわり痛みもあります。 今日は中指と薬指もカクカク…


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

二子玉川ライズがさらに巨大化!テラスマーケット開業
熱射病で倒れた部員に顧問が激怒 横腹を蹴り「演技じゃろうが!」と平手打ち → 死亡
noimage
日本一の高速バスターミナル『バスタ新宿』攻略法
noimage
noimage
「24時間テレビ」を批判する違和感のある人たち 嫌な番組なら見なければ良いのではないか
2chの商標登録に見る周知商標と不服審判 – 企業法務ナビ
noimage

「生まれたときから日本人」発言の蓮舫さん、過去に朝日新聞で「日本人になるのが嫌だった」と発言していた
noimage
noimage
紅葉の季節到来!日光観光でオススメの駐車場
爆速の2chまとめアプリ「raizinまとめ」をオススメする理由 – 週アスPLUS

Menu

HOME

TOP