「火星に関する重要な発見を発表する」…NASAが特別記者会見へ

「火星に関する重要な発見を発表する」…NASAが特別記者会見へ

1 名前:あずささん ★:2015/09/27(日) 17:49:25.88 ID:???*.net
米航空宇宙局(NASA)は米東部時間の28日午前11時30分(日本時間29日午前0時30分)から特別記者会見を開き、火星に関する「重要な科学的発見」を発表する。会見の模様は専門チャンネル「NASAテレビ」と公式ウェブサイトを通し、ライブで公開する。

NASAがソーシャルメディア上で特別会見を予告したのに対し、「火星人が見つかったのか」などと期待するツイートが殺到した。近く公開される米SF映画「オデッセイ」で火星に取り残される架空の宇宙飛行士、マーク・ワトニーが見つかったのではないか、とのジョークも飛び出した。

一方では「宇宙人発見と思わせておいて、実際には石か何かの話だろう」と、さめた声も上がっている。

NASAはこれまでの探査で、火星にはかつて生命に適した環境があったと結論付け、現在もどこかに生命が残っているかどうかを調べている。

特別会見にはNASAの惑星科学部門を率いるジム・グリーン氏と、火星探査計画の主任科学者マイケル・メイヤー氏らが出席する。会見中はツイッターを通して質問を受け付ける予定だ。

NASAは過去にも何度か特別会見を開いている。今年7月の会見では太陽とよく似た恒星系の生命居住可能圏(ハビタブルゾーン)内に、地球とほぼ同じサイズの惑星が初めて見つかったと発表した。

NASAは2030年代までに人類を火星へ送ることを目標に、長期にわたる有人飛行を実現するための研究を進めている。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35071010.html

続きを読む

記事引用元
「火星に関する重要な発見を発表する」…NASAが特別記者会見へ



  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

いわて釜石・農家レストランと巨大壁画の手作り公園
はじめての京都一人旅 歩き方入門
東芝、2A駆動が可能な2chのステッピング・モーター・ドライバーIC – nikkei BPnet
noimage
冬こそ沖縄!星のや&リゾナーレに泊まる離島の旅
noimage

noimage
春の名所

春の名所

鎌倉の「絵になる」紅葉スポット5選
noimage
韓国籍の男が寺や神社などで仏像地蔵100体破壊 福島
【動画】コンビニのおでんを素手で触って大炎上 2chで炎上するも挑発 – デイリーニュースオンライン
国会議員が2ch記事を投稿し話題 – BIGLOBEニュース
感動必至!この秋行きたい京都の紅葉おすすめスポット20選

Menu

HOME

TOP